おっさん日記(旧司法書士受験日記)

スキー&スノーボード2004-2005

書式

 昨日は8時間。しびるろー(質権/過去問、直前確認、抵当権/過去問<法定地上権の前まで>)、商法(答練復習)、刑法(直前確認)、民訴(訴訟の審理/過去問、プログレス、ジャンプ復習)、民執(過去問、ジャンプ復習)、民保(山本式、ジャンプ復習)、供託(オートマ、ジャンプ復習)、司法書士(オートマ、ジャンプ復習)、不動産登記法(信託/でーぴー、綜合問題1、2/過去問、ジャンプ復習)、商業登記法(ジャンプ復習)、書式(橋X2)。

 書式の問題をしっかり解くようになって気づいた。

 短縮勉強は全く知識がなく時間もない状態であればある程度の水準まで持っていくには絶大な効果を発揮する。ただ短縮勉強では得られないものも沢山ある。昨日橋応用編を解いていて特に思ったのが添付書類。書いているうちに知らぬ間に書いたつもりになってたものが抜けていた。それと書くのに相応の時間がかかるから実体判断ももう一度検討しなければならない。もっとも橋応用編の場合はもう覚えてしまっているからこう感じるのは答練の復習をしている時に強く感じる。そのほかにも色々感じたことがあった。

 昨日はジャンプ2回の書式の解答も同封されてた。不、商ともに仲良く20点だった。やはり勉強方法を変えてすぐなんて効果を期待しても無駄か・・・とも思ったけど確かジャンプ3回受講後に勉強方法を変えたから効果もへったくりもないことにあとで気がついた。

 不動産登記は添付書類を書く欄にかんしては全て非オンラインなのに申請書の写しを書いてなかった。委任状は書かなくていいっつう指示なのにモロ無視して堂々と委任状かいたり・・・。

 書式の勉強を始めて間もない頃からずーっと(つい最近まで)実体判断だけ間違えなければいい、なんて馬鹿げた考えを持ってたけどこんな考え持ってたら永久に合格できないと気づいてよかった。
 
 昨日ジャンプ4回の復習をしたけどやっぱり難しかった。特に商業登記法は今までの中で一番難しく感じた。

 それでも、よくよく解いてみると結局昨日間違えたのは不動産登記が3問で変わらず。供託も1問落としで変わらず。商業登記は2問落として合計6問落としてたことになる。といっても、実力値は自己採点通りの27問だ。特に午後択一は後に書式が控えてるからあーだこーだとあまり深く考えてとくことが出来ない。知ってるか知らないか、いかに知識が定着しているか、で決まってくると思う。この辺も考えながら今後のジャンプで試してみたいこともあるので残りのジャンプは今以上に有効活用していかないといけないな。

 師匠のブログには本当に助けられてしまう。この時期に入って神経質になっていたところに本当にタイミングよくいい記事をアップしていただいた。有難うございます。

 


追記

 さっきセミナーのジャンプ3回の成績をインターネットで見た。

 択一の平均点低かったな。これで30超え出来る人はよほどセンスがいいんだろうな。そのセンスを持ち合わせていても満点は難しいのか?センスのない自分からすると想像できないような領域にいらっしゃる方の気持ちを一度でいいから味わってみたい。



 
[PR]
by syu5758 | 2008-05-02 10:18 | 勉強全般 | Comments(0)
<< おっかない上司 じゃんぷ4回他 >>



兼業受験生時代の記録
by イケ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30