落ち着きのないおっさん日記(旧司法書士受験日記)

スキー&スノーボード2004-2005

2008年 03月 28日 ( 1 )

ステップ4回/6回

 昨日は5時間。ほとんどステップ6回の復習。

 あ、そんでステップ6回は

 27/35

 民訴-1
 供託-1
 不登-5
 商登-1

 前までは27問くらいしか正解しないとかなり落ち込んでたけど、先週くらいからあんま気にならなくなった。

 というのは、大きく落としてるのが不動産登記法だから。
 
 まずいことはまずいんだけど、不動産登記法は感覚さえ取り戻せば得点できるし、取り戻す為の時間もそれほどかからない。毎日一応は問題といてるわけだから。

 民訴は時間かかったな。2週間くらいかかった。

 今は山本式は一切見てない。

 プログレスと直前チェックと基本問題集中心。

 やっぱり、プログレスじゃないと駄目なようだ。

 山本式はちょっと難しい局面にぶち当たった時に読むのが自分にはちょうどいいような気がした。

 というよりも、なんか最近「根拠のない自信」が凄いんだよな・・・

 過去の本試験の実績は関係ないとはいえ、初受験の時は仕方ないにせよ、18年、19年と午後科目はほぼ完璧に出来てるからっていうのが大きな要因かもしれない。

 18年は午前に関しては自信に満ち溢れてて、合格してすぐ司法試験へ、なんてアホな考えももって、民法の基本書をシケタイに切り替え勉強方法を司法試験のための方法に変えた・・・・

 もともと実力もないのに、学説だの何だのと知識が混乱しまくって結局、民法で撃沈。
 きっちり知識の整理が出来てる方であれば、勉強方法変えても問題ないんだと思うが

 19年は書いたとおり。

 とにかく、なんか自信がある。ような気がしてる。
 
 んで、今年の見込み

 午前33問、午後33問。記述8割。

 ・・・

 ・・・


 と書いたけど、あくまでも目標です。

 目標は高く持たないと。

 その予定に対しての不安事項

 1、民執・民保
 2、国語

 違う方のブログにも書いてあったけど、2がネックだな。

 問題文の趣旨もわかんない時がある。

 ステップ6回でもそんなのが3問くらいあった。

 後で解説読むと、そういう方向から考えると確かにその結論だ。

 と納得できんだけど・・・


 ふ~~む。

 ステップ4回の成績もいらないけど付いてきた

 24/35。
 書式14点

 この試験勉強始めて、模試関係で始めて合格判定Cなんてついてた。

 初年度でもAかBだったのに。

 Cなんて判定取る奴いるのか?なんて思ってたら・・・

 自分が取得
 
 書式もこんな点初めてだ。

 初めて続き・・・

 ついでに本試験でも「初めて」合格できるといいんだが・・・

 さっきインターネットでステップ5回の成績見たら、今回の問題結構難しかったようだ。

 別に答練なんかで1位になりたいとは思わないけど、

 ステップ3回に引き続いて、自分より1問多く得点してる人がいた。

 どういう勉強してんだ?

 こういう出来る人が何故「司法書士」なんだ?



 さて、でかいことを相変わらずまくし立てたが、この余裕(本当は余裕なんてないんだけど)が本試験直前期まで続いて入れるかどうか?

 
 さて、どうでしょう?
[PR]
by syu5758 | 2008-03-28 10:51 | 答練 | Comments(2)



兼業受験生時代の記録
by イケ