落ち着きのないおっさん日記(旧司法書士受験日記)

スキー&スノーボード2004-2005

2008年 03月 03日 ( 1 )

オートマ

 昨日は8時間。民法(債権譲渡/過去問、直前チェック)、商法(組織再編、会社の訴訟/直前チェック、模試復習)、民訴(訴訟の審理、判決、判決によらない訴訟の終了/過去問、直前チェック)、不動産登記法(抵当権/過去問、直前チェック、根抵当権/過去問途中まで、ステップ2回復習)、商業登記法(模試復習)、書式(不1商2)。

 オートマ買った。

 オートマ買っちゃった。

 オートマ・・・・

 オート買った。

 O買った(わけわかんね。すんません)

 勝手に略して山本先生申し訳ございません。

 オートマチックシステム供託法・司法書士法買った。(初めからこう言えば良かった・・・)

 読みやすいね。さすが東大は出来が違う。でも一つ言わしてください・・・



 出すの遅ーよ!



 民法だってさ、これが受験当初からあったら、デュープロじゃなくてこっち買ってるよ。

 何故に、この残り4ヶ月のタイミングで発売するかね・・・

 今更基本書なんて、切り替えられないから~。

 山本先生はいつもこのタイミングで書籍を出版するな~。

 民訴の本もそうだ。あれも確か去年だか一昨年の本試験5ヶ月前くらいじゃなかったっけ?

 まぁ、民訴の教科書は迷いなくプログレスから切り替えたが。
 
 そのおかげで、去年も民訴系はノーミスだった(でも軽く落ちたけど、答練では軽く間違えるけど)

 商業登記法も出してくれればよかったのに。そうすればこの時期でも迷わず買ったよ。

 山本先生は本当に頭のいい人だな。と出来の悪い自分からすると本当によくわかる。
 
 あんなに分かりやすく、かつ、私のような頭の悪い人間にも分かりやすい表現で、かつ格好つけないで基本書が書けるっていうのは本当に凄いと思う。この人は何で司法試験受験しなかったんだろ?確か司法書士は8ヶ月くらいで合格したんじゃなかったっけ?

 この先生はどんな難しい学説本を読んでも、しっかり理解できるんだろうな。

 「一を聞いて十以上を知る」タイプの人間だと思う。

 その上、文面から嫌味が全くないというのがよくわかる。

 「一を聞いて一も理解できない」ような自分のようなタイプの人間にも親身になってくれそう。

 えてして、頭のいい人間っつうのは「こいつはなんでこんなこともわかんね~んだ?」くらいのことを平気で書いたり思ったりしてるような気がする。

 学生時代にもこういうのいたな。そういえば。

 「わかんねーからわかんねーんだよ」と心では思ってたけど「へぇ~凄いね」くらいで聞き流してた。

 「お前らには、この気持(頭のいい人間の気持)わかんねーだろ?」みたいなことを平気でで言ってみたり。

 「流石だね~」と軽く聞き流してた。

 一方で、凄くいい奴もいた。

 二つに分かれるんだな。

 司法書士試験に合格する方の中にも、素晴らしく出来のいい人間がいるって、1年目に受講した民訴の講師が言ってたな。

 合格後は、後者のような人間と知り合いたいな。

 前者のような人間だと、ひがみ根性丸出しの自分が嫌になりそうだから。



 
 
[PR]
by syu5758 | 2008-03-03 09:59 | 独り言



兼業受験生時代の記録
by イケ