落ち着きのないおっさん日記(旧司法書士受験日記)

スキー&スノーボード2004-2005

なんとなく

 昨日は8時間。刑法(直前チェック)、民法(債権の効力/過去問、直前チェック)、商法(設立続き/直前チェック、基本問題集)、民訴(直前チェック、基本問題集)、民執(基本書)、商業登記法(ブリッジ、基本問題集)、書式(答練+不の過去問1題)。+答練2時間20分(択一90分書式商と不合計で50分)。

 あ~、昨日宇多田さんのアルバム買った。

 しかし、あれだね。

 歌手もそうだけど小説家(最近の小説は好かないが)っていうのは本当にすごいね。

 誰も知らない世界を進んで行ってるって感じで。

 誰かの進んだレールを歩いていたんじゃ歌手でも小説家でもないもんな。

 自分で作ったレールを自分の思うように歩いてる。

 それが時に人の心をひきつける。

 素晴らしいと思うよ。

 音楽や小説。

 それを聴いていたり読んでいたりしていた時代を一瞬のうちに思い出させてくれる。

 普通に生活してたんじゃ絶対に忘れてしまうような細かいことまで思い出させてくれる。

 小説のあるフレーズを読んでるときにちょうどxxから電話がかかってきたとか。しかもその内容まで、どうでもいい内容なのに思い出させてくれる。

 なんなんでしょうか?

 まさに非凡人を超越した才能を持ってないと人をひきつけるような作品は出来上がらない。

 

 
 愛、信頼、尊敬の念、そういったものすべてを自分から取り去ったら一体どうなんだ?

 なんて、ふと思った。

 多分生きていけないだろうな。

 何もかも失ったら。

 好きな小説を読んでいると思うんだけど、彼らはそういったすべてのものを失っても力強く生きていく。

 自分との違いは、やはり宗教。

 彼らは何を失おうが、自分の信じる宗教がある。

 だからといって自分にはどこぞの宗教に入ろうなんて気持はこれっぽっちもないが。

 

 まぁ、どうでもいいや。
 
 ただ、何となく思ったことを書いただけ。
 
[PR]
by syu5758 | 2008-03-24 12:33 | 独り言
<< ウェットスーツ 不安 >>



兼業受験生時代の記録
by イケ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31