おっさん日記(旧司法書士受験日記)

スキー&スノーボード2004-2005

なさけないが・・・

 昨日は5時間。民法(相続全部/過去問)、商法(基本書、直前チェック全部)、商業登記法(基本書)、書式(不1)。

 呑んだ~~~。

 御馳走様でした。

 なんて、今言えるのは先輩お二方のおかげ・・・

 一軒目に下北のいつも行く居酒屋行って、
 なんか小奇麗になっててちょっとびっくりさせられたけど
 以前は熱燗1本注文したのに平気で3本くらい出てきたけど・・・今は全くそんなのない

 ラーメン屋行って~~

 ラーメン屋行ってもビールしか注文しなかったけど・・・

 電車賃とたばこ代と、今食べてるコンビニのスパゲティ代しかもってないっつったら・・・

 先輩に軽くあしらわれたけど・・・・(っち!って、一・・軒・・・目・・・・御・・・・・馳・・・・・・走に・・)

 そんで、先輩がべろべろになってると思って鞄を持って差し上げて・・・

 パシリじゃないけど、尊敬してる先輩の鞄が誰かに盗まれてはいけないと思って・・・・


 下北の改札について~~~~~



 先輩Iさんに「はい、ど~~~ぞ!」

 って先輩が忘れてると思って、手渡すと・・・・




 「・・・・・・・・・・・・」










 「俺・・・鞄持ってこなかったんだけど・・・」









 「ところで、お前は二つもカバン持ってどうしたの?」

















 ふ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







 ラーメン屋の隣の席の人の鞄を持ってきてた・・・









 と・・・・






 「・・・・・!!!!」




I「1万7千円しか入ってね~ぞ~!」


S「お!しかも、XX会社の名刺だ!」

 
 自分「か・か・か、返してきます!!!!」(仰天!!!)



 

 いくら行っても、さっきのラーメン屋にたどり着きません



 5分くらいふらふら・・・・





 と、




 バチン!!!!




 「お前何やってんだ?」


 迷ってました・・・

 うん、先輩お二人揃って偵察に来てくれてた。



 そんで、無事ラーメン屋に戻って、『一人で』鞄を返した。




 ぶん殴られそうになったけど、


 おね~ちゃんが(怖そうな男の彼女らしき女子)

 「ありがとう。お金いっぱい入っていたから・・・本当にありがとう」


 だって。


 (「!!!17000円ですが?」)と言おうと思ったけど、とりあえず強引に中身を確認させて店から出た・・・・・ついでに私の財布の中身は986円ですが?なにか?

 っと!!!!


 驚くべきことに!!!


 先輩二人はラーメン屋の向こう岸の横断歩道で待ってる!!!!!

 
 駅は反対側ですが・・・?

 
 うん。確かに怖そ~なおに~ちゃんだったけど・・・・・


 

 横断歩道の向こう岸 

 



 って、あんまりじゃない?











 まぁ、それはどうでもいいんだけど・・・

 先輩二人と話してて思ったよ。

 確かに司法書士は資格を取らなきゃ業務できない。

 自分の場合はこれしかないって思って司法書士を目指してる。

 というか、お二人の住んでるような世田谷だのなんだのに住めるようになるにはそれしかないっしょ?

 自分の周り、というか自分とお付き合いしてくれる方ってこういう恵まれた環境の方しかいない。

 皮肉っぽいけど、そうじゃなくて。俺から見れば恵まれた環境、っていったほうがいいかな?

 その先輩たちもそうだけど、他の先輩達もそうだ。

 たとえ、自分がサラリーマンとしてどんなに稼いでも・・・

 どんなにこのままの状態でいくら稼げても今の状態だとXXX円くらい。

 っつうことは、返済比率からしても絶対世田谷には住まいを構えることはできない。

 別にどこに住もうが関係ない。

 けどさ・・・

 なんか、自分にとっての限界が見えてきて詰まんないんだよね。

 人それぞれ基準があると思うから、あくまで自分にとっての限界だけど。

 金が全てじゃないっつったって、世の中金がなきゃ何にもできない。

 独立しようにも資金がなければできないし、製造業だって、サービス業だって、なんだって・・・
 
 運転資金が尽きれば金融機関にお願いしに行って・・・

 当然金(担保)のない先なんか金融機関は相手にしないし・・・(よっぽど優れた技術を持ってれば別だろうけど。)

 俺の目標はとにかく55までに自分の欲する(目標とする)だけの資金を確保すること。

 そっからが本当に司法書士としての自分としてやりたいことがある。

 偽善者とかどうとかいわれようが関係ない


 
 小さい頃からの『夢』だからね。



 そのためには、何としても人が持ってない『営業力』を司法書士になるまでに身につけて、

 
 
 スタートラインに立ってから驀進するだけ。


 
 今日、先輩と話をさせていただいて、どんだけ自分が試験に受かるためだけの勉強をしていたかわかった。

 受かんなきゃしょうがないけど試験に受かったって、使いこなせなきゃ自分の夢はかなわない。

 受かってから考えればいいって考えもあるかもしれないし、今日先輩達と話す前まではそう思ってた。

 でも、自分にとっての成功を手にするためにはそれじゃいけないってなんとなく思った。


 とかなんとか夢なんて本当はどうでもいいのかな?


 高校時代の友人に知り合えて・・・



 自分を信頼してくれる取引先及び勤務先の社長に知り合えて・・・・



 俺が会社を辞めてもお付き合いしてくれる・・・こんな素晴らしい先輩達に知り合えて・・・・


 


 かけがえのない嫁さんに知り合えて・・・






 かけがえのない子どもたちに巡り合えて





 みんなありがとう






 




 必ず今までいただいた恩は倍増させて返します!!!!!!!!!


  
 

 どんな酔ってても感傷に浸る日記(独り言)は今年の本試験まではもう今日で最後。
 
[PR]
by syu5758 | 2008-03-20 01:58 | 独り言 | Comments(4)
Commented by 魚魚らいと at 2008-03-20 08:46 x
こんにちはイケさん、魚魚らいとです。
イケさんの人間性が素晴らしいからいい人たちが集まってくるのでしょうね。
わたしはここ数年の試験勉強で友人は激減しました。会社の友人とも私生活と切り離していました。
・・・わたしが不器用なのでしょうね、反省です。
イケさんのようにバランスよくいきたいです。
Commented by syu5758 at 2008-03-20 08:55
 魚魚らいとさん、おはようございます。
いえいえ、違います。周囲にたまたま自分が尊敬できて、懐の深い方々が多いだけです。それと、向こうが私をどう思っているかはわかりませんし(笑)。勝手に私が好きなだけですから。
Commented by ふぁいと at 2008-03-20 23:14 x
イケさん、こんにちは。
「受かんなきゃしょうがないけど試験に受かったって、使いこなせなきゃ自分の夢はかなわない。」
全く同感です。
「受かる」ということについてすらずっと遅れをとってしまっている私が言うのも変ですがつくづくそう思います。
私にも司法書士になった後にやりたいことがあります。
それを成し遂げるためにもまずは今の勉強を頑張らなきゃと思っています。
勉強以外にも今の私に出来ることで将来役立ちそうなことを模索したいなあと思っています。
のろのろ亀の私ですが夢の実現に向かって頑張りますよ~!


Commented by syu5758 at 2008-03-21 04:00
ふぁいとさん、おはようございます。
ふぁいとさんが「のろのろ亀」・・・。
「兎と亀」の話知ってます?あれは実は途中と結末が抜けてるんです。亀はゆっくり一歩一歩「歩いてた」のではなく、じっくり考えたんです。どうすれば兎に勝てるかを。身体的には絶対に敵わない兎ですので、亀は自分の体に足が早くなる装置を自作して装着しました。
猛スピードで走れるようになった亀は自分の身体的な劣れを克服しました。

以降、何度勝負しても兎は亀に敵うことはありませんでした。

ふぁいとさんは、こういう亀ですね(笑)。
<< ステップ3回/ステップ5回 夜の勉強 >>



兼業受験生時代の記録
by イケ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31